毎日のことなど
by ehonn_goma
ひさびさに恥ずかしいことがありました。
今日、ひさびさに恥ずかしいことがありました。
娘を連れて、近所の「赤ちゃん用児童館」に行ったときのこと……。
その建物は市が運営していて、児民館というより
民家のような佇まいで設計もどなたか有名な方がされています。
時折、そこに大学生たちが調査に来ているのを見ていたのですが
今日アンケートのためにいろいろと質問を受けました。
「わたしたち、建築学科の学生でこの建物の環境について調べているんです」
(あっ、そうなんだ。てっきり家政科の人たちが子育てについて調べているのかと思ってた)
「あっ、わたしも建築学科を出ているんです」
思わずでしゃばりました。
それで一生懸命に、この建物の空間的な長所や
素材の使われ方で良いと感じているところ、
改良してもらいたい点、近隣で他に利用している公共空間、
さらに商業施設の中におけるパブリックな場所の使い方などを
延々とすごいテンションで話していきました。
「建物内の導線についてどう思うか」との問いに
「別の部屋が窓や廊下の先に”目視”できるからいいですよね」と答えました。
でも、言ったそばから”目視”って単語ってあったかしら?と心配になりました。
さらに、ごまかそうとして
「すみません。専門用語で……」と言い訳をすると
その大学生はうっすらと笑ってくれました。

帰り道「一生懸命話したから、大学生の役にたったかな」と悦に入っていましたが
段々、相当間違った単語を使ったのではと
途方もなく心配になりました。
心配はスパイラル状にさらに深い反省へと落ちていき
「あんなに熱く偉そうに語って馬鹿だったかな」
と床に打ちひしがれてしゃがみこみ
ソファにうつぶせになり、段々息も絶え絶えになってきました。
”視線の先に違う空間が見える”の方がわかりやすかったのでは
いや、単に”別の部屋が見える”でよかったのだ……。

ちなみにネットに”目視”を調べると
「目で見てチェックすること」でした。
ふぅーー。この言葉、大学で習ったのではなく
自動車の教習所で習った言葉だ。
一昨年免許をとったときに覚えたんだ。
うきぃー、恥ずかしいよーー。

外に出てでしゃばると自分のことが恥ずかしくなります。
でも、今年はなるべくでしゃばって恥をかいて
世の中とのバランスをとっていきたいです。
[PR]
by ehonn_goma | 2008-01-10 22:34
<< 家事をすると ひとり、そんなことを考えてみた... >>


カテゴリ
全体
未分類

以前の記事
2016年 12月
2016年 08月
2016年 05月
2014年 07月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 02月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 06月
2007年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧