毎日のことなど
by ehonn_goma
カテゴリ:未分類( 73 )
誰のために。
日々のことに
追われて生活をしていますが

絵を描くということは
恥ずかしながら
「愛を届ける」ことではないかと。

だけど 本当に「愛を届けたい」のは
自分自身にだったりしてね。
[PR]
by ehonn_goma | 2016-12-08 17:05
おばあちゃんのこと。
去年の11月末に母方の祖母が93歳で亡くなった。
私にとって祖母は言葉で言い表せないほど大切な存在だった。

大正11年、祖母は熊本の田舎に医者の娘として生まれた。
女学校卒業後、上京して日本女子大学に入学。
地方から女子大に進学する人は、その当時としては珍しかったかもしれない。
卒業してから結婚するまで、家政科で助手を務めていたらしいので
賢い方だったかもしれないけれど
のんびり屋の自分から見ても、ゆったりとした人だった。
(母に言わせるとピリピリとした部分も多いにあったようだが)

祖母は5人のこどもを産み、18人の孫がいた。
孫の中でも、女子で一番年長の私は特別可愛がられていた。
(もしかしたら、他のいとこも同じように思っているかもしれないが)

毎年、夏休みには家族で必ず福岡に帰省する。
東京駅から新幹線で博多駅まで行き、駅前でタクシーに乗る。
母が「日赤の交差点を曲がって穴観音の方へ抜けてください」と告げるのは毎年変わらない。
大通りを進んでいき、大きな交差点を山の方へ曲がる。
小山の頂上まで登ったら ジェットコースターのような下り坂を急降下。
その急な坂道の途中を右へ曲がると、石垣の上に建つ瓦屋根の家が見えた。
息せき切って石段を駆け上がり、裏庭のパンジーを横目で見ながら門をくぐり敷石を踏む。

「おばあちゃん、来たよー」
格子の扉をガラガラと開けると、
「あらあら、よく来たねー」
前掛けで手を拭きながらニコニコ顏の祖母が出迎えてくれた。

これから私の幸福な一週間が始まる。
応接間の回転椅子に座り、クルクル回りながら、枯山水風の庭を眺める。
松や大きい岩が奥にあり、手前には綺麗な玉砂利がたっぷり敷き詰められていた。
応接間には暖炉と、革張りのソファ。祖父が世界中で集めたお人形が並んだ棚がある。
回転椅子をクルクル、クルクル1時間ほど回して気持ち悪くなるのが毎年恒例だった。

朝ごはん前には祖母が裏の畑で育てている野菜をもいできてくれる。
ミョウガやシソは味噌汁に。トマトやキュウリももぎたてを切って出してくれた。
濃いめの味噌汁が美味しかったな。

とにかく料理が上手。食材も新鮮で、魚屋さんが桶に入ったとれたての鯵やら届けてくれて
それをさっとフライにしてくれた。身が上品でびっくりするほど美味しかった。
福岡名産の「おきゅうと」と呼ばれる海藻で作った柔らかい刺身こんにゃくみたいなものも毎食出てきた。
うなぎもお鮨も東京で食べる何十倍も美味しくて、滞在の一週間は食べて食べて食べまくった。


また食べるだけでなく、私は祖母の後ろをついて料理、皿洗い、洗濯、掃除となんでもお手伝いをした。
小学生時分の私は大人しくいい子で、祖母にとっては可愛く、またわがままも言わない健気さが可哀想だったのかもしれない。

お盆には全国から従姉妹が集まり、いろんな部屋に勝手に雑魚寝。
寝つきの悪い私が、夜中に一階の居間に降りてくると祖母が一人掘りごたつで読み物や書物をしている。

「お腹が空いてるから眠れないと」と言って
押入れにあるクッキーの缶詰を出してくれて、たんまり食べさせてくれた。
ヨックモックや凮月堂のクッキー、美味しかったな。

夏休み中に親戚全員で旅行に行くこともあったが、
みんなの居なくなった夏の終わりや春休みに私と祖母の二人きりでいろんなところへ出かけた。
福岡の志賀島を始め、阿蘇の山々を巡ったり、鶴を見に鹿児島の出水へ出かけたり、小型飛行機YSに乗って長崎の対馬へ行ったこともある。
そういえば初めての海外も祖母との二人旅でアメリカデトロイトに住む叔母宅を訪ねる旅だった。

祖母は私の憧れの存在だった。とにかく美的センスが抜群だった。
書道、水墨画、水彩画、短歌、謡とたくさんの習い事を長く続けていたが
その中でも、祖母の作る短歌と水墨画が好きだった。
玄関にはいつも一輪挿しにきれいに花が生けられ、木造の家の壁も床もピカピカに磨かれていた。

夏休みは3時のおやつの後に1時間昼寝の時間が設けられていたが
「おばあちゃん、眠れないよ」と言ったら、
「これ、見るといいよ」と指差されたのは書棚にある土門拳写真集全集。
夕立の降る暗い客間で見た、広島の原爆投下後のこどもたちの写真、怖かったな。

おばあちゃんはお嬢様育ちだったせいか、結構な浪費家だったけれど、
国鉄職員を父に持つ祖父は反対にとても倹約家だった。

祖父は出張先にも自分の歯ブラシを持って行き、ホテルにある歯ブラシを持って帰っていた。
そのため、洗面所のカゴには何百本も歯ブラシがあり、その中から従兄弟たちと
「今年はこれ使う」と取り出すのが楽しみだった。
歯ブラシがたくさんあることが面白くて、選べることが嬉しかった。

東京に帰る朝には、家の前にタクシーが来てくれる。
石垣のしたで「バイバイ」と手を振る祖母。
こどもの頃は笑顔で手を振り続けたけれど、二十歳を過ぎると
タクシーが角を曲がると涙が出た。

「これが最後かもしれない」そう思ったから。

私が結婚してからも、電話すると元気な明るい声で出てくれた。
いつも30分以上はおしゃべりしたね。

テンポも感覚も似ていて、おばあちゃんと電話で話すと元気が出た。

いつも思い出すのはおばあちゃんの「あっぱっぱ」と呼ばれる筒型のワンピース。
家用とお出かけ用があって、家用は絣の浴衣地でできていた。

庭から寝室を見ると、縁台の奥の仏壇の前に寝転んでいるおばあちゃんの背中が見える。
手元にある週刊誌を読んでいるのかと思ったら、寝ているみたい。

「おばあちゃん、寝てるね」従兄弟たちとクスクス笑いながら近づくと
「あら寝てたかね〜?」とゆっくりと起き出してきた。

仏壇の固くなった仏さまのお米、「まんまんちゃん」と言って毎日食べていたね。
一度私も食べたら美味しくなかったけれど、おばあちゃんは毎日それをチンして食べていた。
食器棚にあった長崎のガラスのコップ。分厚くてきれいだったな。
いろんな種類の焼き物があって、中でも私は伊万里焼が好きだった。
もらった唐子の器は普段使っているし、源右衛門は飾っているよ。

友達の少ない私にとっておばあちゃんは大切な親友みたいな存在だった。

おばあちゃん、おばあちゃんが亡くなったから
自分も必ず死ぬんだって実感した。

いつか死ぬことが分かると、必要じゃないものが見えてきて
少しのものを大切にしようと思った。

実は奥さん同士の付き合いが苦手で、
家に来てくれる職人さんやお坊さんと話すのが大好きだったおばあちゃん。
その気持ち、なんとなく分かる。

生まれた時代も育った環境も私とおばあちゃんは全然違う。

戦中、戦後を生き抜いたおばあちゃんの逞しさも、おばあちゃんの上品さもないけれど
私もおばあちゃんのいいところ、もらえているかな?

私が向うに行ったら、また一杯おしゃべりしようね。

たくさん一緒に過ごせてよかった。ありがとう。おばあちゃん。
[PR]
by ehonn_goma | 2016-08-11 20:52
だから わたしは Xperia
イラストを描く時に
ソニーのXperiaで撮った写真を参考にしているのですが、
先日よりXperiaのwebに登場しております。

撮影は我が家まで来ていただき
狭い中で皆様にはご苦労をお掛けしてしまいました。

それより何より 自分が全くきちんと話せず
ポツリポツリと考えながら話した内容を
美しい文章や映像にまとめていただき、感謝、感激でございます。

こちらがそのサイト(Xperia FILE 100 VOICES)です。
わたしは99番目のユーザーとして登場しております。

「Xperia FILE」に出ている他の皆さんの使い方もとても参考になりました。
特に073の医大生の方の利用法。実用的でさらにお心遣いも垣間見られて素晴らしかったです。

そういえば、アメリカに住むいとこ(当時大学生)が我が家に滞在していた時も
全ての教科書はタブレットに入れていると言っていました。

ヒーヒー言いながら建築図録を何冊も担いで学校に行っていた身としては
一抹の寂しさもありますが、うちの子の時代には更に進んでいるのでしょう。

わたし自身、アナログっぽい暮らしをしているようで、
家電や通信機器に大変助けられて日々生活しているので、
少し近い未来はどんな風になるのか楽しみです。
[PR]
by ehonn_goma | 2016-05-22 14:14
「落書きカフェ」
今週号の「読売KODOMO新聞」に
銀座にある落書きカフェが特集されています。

私と姪、娘、娘のお友達が
遊びに行ったレポートが掲載されています。

壁にも床にも落書きできる
とっても楽しいカフェですので
是非、行かれてみてください!!
[PR]
by ehonn_goma | 2014-07-11 13:33
子育て書のイラストを描きました。
e0117090_11553458.jpg

最近、PHP研究所さんから発売された
「子どもの心のコーチング(イラスト版)」 (菅原裕子さん著)の
カバーと中の挿絵を描かせて頂きました。

大ヒットした子育て書のイラスト版で
全国書店やファミリーマートさんで購入できます。

お店で見かけしましたら
是非手に取ってください。

原稿を拝読しながら、自分の子育てのダメダメさを痛感し、
描き終えたら、少し自分も母として成長しているような気がしました。
(落ち着いて、子ども達を見守れるようになりました)

我が子達をモデルにしてのスケッチはとても楽しい作業でした
[PR]
by ehonn_goma | 2014-05-09 11:58
これから散歩です。
10年くらい前まで
絵を描くときは大抵クラシックを聴いていました。

特にオペラのオムニバス「voce」が大好きで
女性版を延々と。

クラシックのいいところは
無理矢理な盛り上がりが余りないので
フラットな気持ちで描き続けられること。

また、買い直そうかな。
[PR]
by ehonn_goma | 2013-12-28 14:02
図鑑「あそびの天才!」が発売されます!!
今週、学研さんから
図鑑「あそびの天才!」が発売されます!!
わたくしは、
昔からの遊びのページで
イラストを描かせて頂きました。

頂いた見本誌を
息子(4歳)に見せたところ
母の絵には目もくれず
「お顔のトースト作って〜」
「ピカピカの泥だんご、作りたい〜」と
他のページに興味津々でした。

娘(6歳)だけ
「お手玉買って、やってみようね」と言ってくれました(嬉し涙)

3歳くらいから小学校低学年のお子さんが
興味を持って遊べる内容が満載です!!

本屋さんで見かけたら、
是非、手に取ってみてください!!
[PR]
by ehonn_goma | 2013-11-19 10:30
ありがたや、ありがたや。。。
お仕事で絵を描いていると
本当に嬉しい。

「生きてる」って感じがする。
[PR]
by ehonn_goma | 2013-10-21 15:01
嬉しくて……。
絵を描いていると
嬉しくて泣きそうになる時がある。

気持ちに追いつけるくらい、いい絵を描きたいものです。
[PR]
by ehonn_goma | 2013-09-20 12:01
みんな、ジブリが好き。
映画監督の宮崎駿さんが引退を発表されました。

そういえば、
わたしの周りの男子はみんな宮崎ファンだったな〜と思い出しました。

ムサビ入学後に、周りの男子達(18歳だけど)がよくしていた遊びは
大きい紙に絵を描いて戦うこと。。。

ガンダムの戦闘機を描いて
「ボーン」と相手の戦闘機にミサイルを発射したりしていました。
(なかなか、ほのぼのとした光景)

そんな中「ラピュタ」に登場するキャラクターもみんなよく描いていました。

そして、男子達は口を揃えて
「パズー、いいよね」と。

私が、ジブリのアニメで好きなのは
「トトロ」と「耳をすませば」です。

特に「耳をすませば」の主人公の女の子が余りにしっかりしていて
「わたし、何やってるんだろう」と反省して泣きそうになった思い出が……。

時は過ぎて、7年前結婚した旦那さんの始めての誕生日。
吉祥寺のビレッジバンガードで「何が欲しい?」と聞くと
指差したのは「風の谷のナウシカ 全集」でした。

それから、数日間
夫はナウシカを読みまくっていました。

みんな、本当にジブリが好きですね。

「風立ちぬ」も見に行かねばと思っております。
[PR]
by ehonn_goma | 2013-09-02 09:55


カテゴリ
全体
未分類

以前の記事
2016年 12月
2016年 08月
2016年 05月
2014年 07月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 02月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 06月
2007年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧